募金ボランティアの皆様へ 

共同募金運動でよく聞かれるご質問をまとめましたのでご活用ください

なぜ、各家庭で募金するの?

共同募金は住民すべての方々の参加を願って行う募金です。多くの方々に共同募金運動に参加していただくため、募金活動をしていただく方がご家庭を訪問して趣旨をご理解の上、募金をお願いしています。街頭、職場など多くの場所で取り組んでいますが、ご家庭での募金もその機会のひとつとお考えください。

募金活動をしていただく方も募金をしていただく方も共にボランティアです。

募金は何に使われているの?

募金は、集まった年に使うのではなく、大阪府共同募金会に送金し、翌年度に使われます。児童施設(保育所など)、高齢者施設(老人ホームなど)、障害者施設(福祉作業所など)など民間社会福祉施設の改修、備品の購入費やボランティア団体の活動費であったり、社会福祉協議会の在宅福祉活動費に使われます。より詳しく知りたい方は、大阪府共同募金会のホームページでも見ることができます。

四條畷市への配分では、社会福祉協議会の福祉移送サービス事業、給食サービス事業、ボランティアセンター事業など市内在住の支援を要する方を支援する活動や、地域(地区福祉委員会)で開催されている高齢者対象のサロン、子育てサロン活動費などの身近な活動にも使われています。

目標額があるのはなぜ?

共同募金は、集まってから使い道を決めるのではなく、配分希望団体などの公募を行い、事前に使い道を定めて配分に関する計画を立てる計画募金です。そのため、目標額や配分結果を公表することが法律(社会福祉法)で義務付けられています。大阪府全体や四條畷市全体でも目標額の設定はありますが、目標額はあくまで目安額ですので、「割り当て」や「義務の募金」ではない「任意の募金」であることをご理解ください。

自治会長や自治会役員の方が共同募金運動に協力しているのはなぜ?

自治会(町内会)は、共同募金運動にご協力していただいている団体です。共同募金運動は、地域福祉の推進を図るための募金です。自治会長をはじめ、自治会役員の方は、住みよい街づくりのリーダー役として日頃から活躍されておりますので、募金ボランティアとして、お骨折りをいただくようにご協力をお願いしています。

共同募金の特徴は何?

 共同募金は、法律(社会福祉法)に定められた募金運動です。

 主に6つの原則で活動しています。

@  民間性・・・地域のみなさんが参加する民間の自主的な募金運動です。(地域

のみなさんはもちろん「大阪府共同募金会」や「四條畷地区募金会」も民間の団体です)

A  地域性・・・みなさんからの募金は、原則として大阪府内の福祉活動に使われ

ます。

B  計画性・・・民間の社会福祉活動を行う団体などから、広く配分についての要

望をもとに配分計画を立案し、その計画に基づいて募金活動を展開しています。

C   公開性・・・募金実績、配分実績などを公開しています。また、共同募金の配

分先の施設訪問に市民の参画を呼びかけるなど具体的な使い道を府民のみなさんに知っていただくことにも努めています。

D   参画性・・・募金をしていただく方や募金運動に協力していただく方など多く

のみなさんにボランティアとして参画していただいています。

E   福祉教育としての普遍性・・・共同募金は、民間の社会福祉事業に必要なお金

を集めるだけでなく、地域のみなさんに「たすけあいの心」をはぐくむ運動です。この「たすけあいの心」を掘り起こす呼びかけは、一般に言われている福祉教育につながるものが含まれています。

 その他にも赤い羽根共同募金運動についてのご質問などがございましたら、下記までご連絡いただくようにお伝えください。

 四條畷市域に関すること   四條畷地区募金会

               072−878−1210

               四條畷市北出町3番1号

              (四條畷市社会福祉協議会事務局内)

               

 大阪府域に関すること    大阪府共同募金会

               06−6762−8717

               大阪市中央区中寺1丁目1−54

               大阪社会福祉指導センター内