四條畷市地域福祉活動計画とは
 今日、高齢に伴う介護や孤独、育児・保育、心身の障がい、その他社会的排除や摩擦・孤立など、地域には様々な生活課題、生活のしづらさを抱えた住民がたくさんいらっしゃいます。
 これら多様な福祉ニーズに対応して、だれもが安心して地域で自立した生活を送るためには、一人ひとりの生活状況や希望に合った福祉サービスなどにより社会全体が支えていくことが重要ですが、このようなサービス提供や利用支援体制は、行政と民間の役割分担のもとに協力し合ってはじめて、効果あるものとして成り立ちます。
 2000(平成12)年6月に改正された社会福祉法は、地域福祉の推進についてボランティアや地域住民の役割を位置づけており、住民同士の自主的な助け合い、支え合いの意義や必要性はますます大きくなっています。
 本計画は、「みんなの力で地域からつくる、暖かみのあるまち」を実現していくために、地域における様々な生活課題や、地域で取り組まれてきた住民や団体・ボランティアなどの活動上の問題点などを明らかにし、地域福祉の推進に向けて民間の責任において取り組むべき方向性を示すことをねらいとして策定しました。
  四條畷市地域福祉活動計画は、四條畷市社会福祉協議会が事務局となり、策定委員として、関係機関、ボランティア団体、福祉団体、行政関係者のご協力により策定されたものです。
   活動計画(第2期)へのリンク
トップへ戻る